作業日  2017年5月14日(日)
 作業内容  手もみ焙り茶つくり
 参加者  14名

個人的には5日と7日に茶の生育を見るつもりで自分で作りました。参加者を募っての茶作りは
13日土曜日にも行うはずでしたが、あいにくの悪天候のため、14日15日のみの集いとなりました。

今回は三重大のモアの子たちが4名参加で、元気で明るい未来の医療従事者たちが来てくれたおかげで、ワイワイガヤガヤと過ぎていきました。

茶畑か草の畑かわからないくらいの状態です。昨年6月に茶の木の再生のため、バッサリと根元近くから切り、新芽の再生を果たしました!でも、丈が短いので草と競争状態。ま、茶は強い子たちだから、大丈夫。
今年の春の寒い日や日照、雨の量などの具合で、茶葉の育ちが例年より1週間ほど遅い感じでした。でも、手もみ焙りにするくらいは十分にあります。皆さん、楽しく茶摘みにいそしんでいます。
1時間ほど茶摘みをしてもらい、森の家へ帰ります。ちょっと摘むのが少なかったけど・・・ま、いいか。
雲出川にかかる橋の上で。(現在では大変珍しい乗せ木橋です)
揺れて揺れてする橋の上でエグザポーズ・・・になってない。

さて、森の家では宮ちゃんが火の番さんでお待ちいただいておりました。鉄なべでじゅーっと、さあ!作り始めます!

     揉んでは焙り、揉んでは焙りを繰り返す事4〜5回
緑色の茶が、ヒジキのような顔になれば出来上がり。

ヒジキ??(お茶)の顔を作成中。大さん作。今年の顔。
やっぱ、大さんの個性は強うございまする・・・^0^
 恒例の〜美杉最中と出来上がりたてのお茶で一服。茶葉入れ過ぎて・・・苦い・・・ありゃりゃ^−^。でも、美味しいことには間違いない。
自分で作れるという事がすごく嬉しいのです。手作りというのはそういうところですね。達成感というか、愛着が湧くというか。そこら辺に大変大事な意味があるようです。
上出来上出来。お疲れ様でした!
またおいで^0^子供たちよ^−^おじちゃん、おばちゃん達がいろいろおせ〜たる^0^

という事で終了。今年は小さい方の袋でお持ち帰り。ごめんね。もう少し焙れるとよかったんだけどね。

PS:味噌汁の振る舞い・
 金さんとこの野菜をみんなでもらった。
 宮ちゃんがみかん持ってきてくれた。
皆さんのおかげで、鎮守の活動は、いつもリッチです。

作業日   2017年5月15日(月)
 作業内容  焙り茶つくり
 参加者  4名

今日も茶作り。楽しいな〜。

       
人数が少なかったので、お昼はキャベツの味噌炒めとか、井さんご持参のピクルス、鳥のソーダ煮などで、ミニパーティ。
おいしかったです。

今年も焙り茶のシーズンが無事に過ぎていきました。
トップへ