作業日  2016年10月9日
 作業内容  間伐・売り物の薪束ね
 参加者数  8名


8月9月の山の活動は、個人的な事情で中止させていただきました。ご迷惑おかけしました。
10月からは復活となりました。皆さん、心待ちにしていて下さったようで、大変心苦しくもありありがたくもあり。
さ、元気にやりましょう!

  
ま、なんというか同じことを繰り返し行っているわけですが、木一本ずつ全く違った存在でありまして、毎回新鮮というか、楽しいのです。
いつの間にか涼しくなった森の中での作業は、ほんとにいやしの時間です。
女性の方の参加が多い会ですので、作業はほんのお遊びのようなものではありますが、それでもこの日6本切れた。もちろん男性陣がほんと良くしてくださるおかげです。
あと3人くらい、コンスタントに、それも男性が参加してくれてたら、あと10年は続けていきたいくらい、楽しいし十分意味のある活動ではあると思います。

午前中10半過ぎまでが雨だったので、森の家で珈琲をいただいたり、紅茶を頂いたりして雨の上がるのを待ちましたので、作業は12時半まで山で行い、その後森の家に帰って昼食。午後からは間伐材を手ノコで30センチに切って売る薪つくりにいそしみました。

         スギの間伐材はよく燃えますので焚き付けに重宝します。田舎の方では今でもお風呂を薪で焚いているお宅もあり、きっと売れるぞ!と薪束つくり。商売度外視の一束300円での販売。とてもお買い得と思います。

森の家の裏山には山栗の木が2本生えていて、今年もたくさんの実を落としてくれました。これが今年最後の山の幸のプレゼント。
参加者で分けて持ち帰りました。


1日、楽しい時間です。作業は中心ですが、山の幸の恩恵にも与り、幸せなことです。
久しぶりで疲れましたが、とてもよい顔のみなさんでした。お疲れ様!

PS:9月20日午後1時、みなさんに大切にして頂いていました、我が家の愛犬、あんが、11歳7か月で亡くなりました。皆さんと一緒に楽しそうに山畑を走り回っていました姿が今もまぶたを過ります。バイバイ、アンちゃん。今までありがとうね。