活動日   2015年3月8日【日)
 活動内容  じゃがいも植え・間伐材搬出・ビワの木の植樹
 参加者数  8名


本日は正式に山の活動に参加予定の後さんがお越し頂くという事で、ちょっとうれしいプレゼントを考えました。
それは植樹!前もってビワの苗木を買っておきました。

朝からの作業の内容

3班に分かれて作業。

宮ちゃんにお願いしてユデの補修してもらいました。
田植えの時期に水を通すところから、うちの畑に水が漏るようなので、そこの部分を補修していただきました。  楽農レディースはジャガイモ植えつけ。

 今年も美味しいタマネギとジャガイモがたくさんできますように!

そしてもう1班は山へ間伐材を運びだしに。

    昨年切った細目の間伐材を森の家まで運びだします。30本くらいはあるでしょうね。太めのは材木市場へ後日運びます。

で、全員で合流して、午後からの植樹のための準備として杭作り。いそいそ。

   
こういう作業が、実は大変楽しいんです。いろいろできてこの会は楽しいです^0^
お昼には少し早いのですが後さん朝が早かったので、おなかすいてどうしようもない。。。。。との事。で11時40分ころから手を休めて昼食タイム(☆月庵にて)。今回は具だくさんの味噌汁と水菜とおあげと昆布の煮びたしのまかない付。あと、大さんお弁当のおかずを分けて下さり、乗さんがお手製の春巻き持ってきて下さり、金さんはつけものでしょ〜で多さんはキットカット!
楽しい楽しいお昼でした。

食後早々に作業再開。杭作りも終わり、川向へいざいざ!
茶畑の空いてる部分に田中さんというビワの木、茂木さんというビワの木を2本植えました。
多さんいわく、茂木さんの方が甘味が多い。田中さんは後から生るらしく、少し甘味が抑えられているとか。楽しみ楽しみ。いつごろから実がなるかしら。
植える場所を決める。笹の根を少し切って土を耕しておく。4本の杭を均等に打ち込む。

じゃじゃん!植樹だぁ!!!!!
あまり深く植えないこと。方向は今回は気にせずとも大丈夫でした。周りの土の中の笹の根などを取り除き被せる。
    

まずは後さんが田中さんを植えて、次に、田さんが茂木さんを植えたのでした。ちょっと私たちの間だけで面白い時間でした。

   ご満悦の後さん。これからよろしくね!
   茶畑にあった若鹿の頭蓋骨。いつ死んでたんでしょうね・・・その年の春を迎えたのでしょうか。あるいは秋に。角が小さいままでくっついていました。奥歯がまだ下顎の中にある状態でしたので、2歳までくらいかな・・・骨はもう大変もろく、あと2年も放置すれば土になって消えて行くでしょう。そしたら、植えたビワの栄養になってやって下さい。そしてビワの命の一部となってあげてください。そこに実るビワの実を、私たちは頂きます。また、シカやカラスや渡り鳥たちのエサにもなる事でしょう。何故ここに在るのかは分かりませんが、南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏、ありがとう若鹿さん。
トップへ

周りに網をしっかり張って、シカの食害から守ります。大変丁寧に出来ました。