作業日  2014年8月19日(火曜)
 作業内容  薬草酒作り
 参加者数  8名


天候に恵まれ、暑い!日となりました。今日は第3回目の坂本幸さんをお招きしての特別講座の日。
少人数の講座で、大変勉強になりました。

坂本さんの御家からご持参頂きましたのが、ツユクサ・スギナ・ドクダミ・ツワブキ・そして
                    天日干しされたトマトと赤と黄のスイカ!
で、森の家下および周辺にて入手した草たちで野草酒作りです!

   

イチョウ葉を頂き、                   栗の葉を頂き・・・・ 

    

なんと、28種もの元気な野草木をゲット。    綺麗に洗って、人数に分けます。

ここでランチタイム。持ち寄りのお昼ご飯に舌鼓。おいしい〜。この後、急に雨が降り出して、☆月庵から出れなくなった私たち。意を決して、午後の部に取り掛かるのに20分はかかったな〜

   

等分に分けた28種類の草木の葉などをガラス瓶に詰めていきます。そして35度のホワイトリカーを注ぎ込みまして出来上がり!約1か月したら飲めます。
所謂、滋養強壮酒ですね。その辺に普通にある、繁殖力の強い草を選んでの酒作りですので。で、効能は利尿とか腎・肝経に良いものとか、皮膚に良いものとかいろんなのが混ざってます。おできとかかぶれとかにも、直に肌に塗っても良いとのこと。へ〜。

実は作ってるとね・・・・・
何か、魔女になった気分になるんだな〜これが。たのし〜^0^

 最後は坂本さんに、今回入れた草木のいわゆる効能などを教えて頂いたり、いろいろ質問にお答えいただいたりして、しっかり学べた1日でした。
坂本さん、大変お世話になりました。ありがとうございました。



心ノート今回の企画もそうですが、身近な、それも沢山もらえる草を使わせて頂いて、私たちの生活を豊かにしてくれるアイテムをクリエイトするという企て。何か希少なものを使ったり、少ししかない草を我が物顔に集めるんではなくて、草刈して刈ってしまうような、ホントに沢山頂ける命を有効に活用させて頂く事を趣旨とします。もし、希少なものが欲しいとするなら、やっぱり育ててこそ!というものです。そこのスタンスは曲げてはいけないと私は感じています。ということから、フキ、ミョウガ、ノブドウなどはこの辺に少なくなっていますので、増やそうと思い、畑を有効利用しています。

この特別講座はとりあえず不定期ではありますが、継続の予定です。こうご期待下さい。