作業日  2014年4月13日 
   鎮守の森を夢見る会
 作業内容  間伐体験会及び雪で折れた木の撤去
 参加者数  8名

少し肌寒さの残るこの日は、間伐体験に初めて参加のお二人がおられましたので、比較的イージーな山にて間伐体験をしていただきました。

坂さん、大変レディーなお方で^0^このポーズになっていただくまでに結構指導が入りました^0^よくがんばりました!大変楽しいお二人で、山が明るくなった気がします。

   
後さん、愛知生まれの方で、このような体験は初めてという事。なかなか上手にノコもナタも使いこなしておられます。こちらもいい感じいい感じ。

午前中のみの参加でしたので、指導して下さった田さん、山さんが丁寧に優しくスムーズにリードして下さり、そんなに疲れることもなく?体験を楽しく無事に終えることが出来ました。お二人さんありがとう、そして体験のお二人さん、お疲れ様。
                              
                   ロープワークは結構タイミングや気を使うもの。これはある意味精神修養ですぞ。最後はみんなで、軽トラに杭用の木を積み、午前の作業終了!
                            (杭は山の持ち主の峯田さん宅まで運びました)

 今回のお二人、大変素直で明るく、時々話を聞いておらず^0^マイペースながら、『参加してよかった!』 とのご感想を頂き、嬉しかったです。又ぜひお越しくださいませ。
さ、楽しみながら、体力も作り、自然に親しみ、そして自らの手で自然を癒す!、この4拍子でございます。
 いつもながら、高さん、いろんな方を繋いで下って、ホントにありがとうございます。天性のその才能とお人柄に感謝です。これからもどうぞよろしくお願いします。


お昼はみんなで月見庵にて昼食を取り、午後からは3月のべた雪でたわみ折れした杉の木を谷から引き揚げたり折れた木を片付けることとなりました
                       
谷に落ちてそのままに放置されている杉。引き揚げて薪に使います。           このように綺麗に!

折れた杉を片付け、軽トラに乗せて終了。まだ半分も出来ていませんので、次回この続きをしましょう!おつかれさまでした!

この後、どうせ帰り道だし、ということで、み〜んなで木を運びついでに大さんちへ。^0^みんなで木を降ろして、コーヒー頂いて帰りました。お疲れ様〜
又来月ね〜