鎮守の森を夢見る会

活動日   2014年2月9日(日)
 活動内容  間伐体験会・薪割りの準備
 参加者数  作業人数 7名
来会者 6名(三重大生と日君)

       
始めまして、高さんです。亀山からお越しくださいました。ご自身が山育ちで、お父様の事、森の事、命に対しての思い、など熱く語ってくださいました。ご縁が頂けそうで大変ありがたいです!間伐材を使った割り箸の普及にメッセージを乗せて、森への思いを形にされている方です。遠路、はるばるありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いします。
のこぎりの使い方、なたの使い方、体の使い方、全部基本を身に着けておられます。なんか、頼もしいです!お話も弾みます。楽しい時間をありがとうございました。
   ヒノキの間伐の体験になりました。やっぱ、ヒノキは細くても切り倒しにくいんです・・・・

昼は森の家にて昼食となりましたので、ほっこりし過ぎて、午後の作業に戻れない感じ・・・
なので、今日は3月の薪割り用の材を作ることに変更。
と、そこへ、日くんが通りかかり、薪割りの手伝いをし始めてくれました。と、そこへ、三重大生5人が来会。なんか、美杉で医療のリサーチを含む、地域をの実態、あるいは声を知るためのミッションを始めるグループらしく、
日君がいろいろとあちこち、案内、紹介などして下さっているという事。で、今日は私たちの会へ来てくれたということ。なので、せっかくですし、囲炉裏端でお話しをしました。

三重大1年生、医学部の子たち5人。美杉で空き家を利用して、活動拠点を作るところから始めてるとのこと。若い子たちは元気でいいね!世の為に一肌!ありがとうございます。

今日は、なんだか新しい風が吹いた日でした。楽しかったです〜〜
次回も間伐体験希望の方、みえます。楽しみ!