鎮守の森を夢見る会

作業日   2013年3月10日(日)
 作業内容  間伐の続き
 人数  9名

前日からのかなりの気温上昇に伴い、スギ花粉が吹き荒れています。5月並の気温ですがヒノキ山では風が強く、動いていないと少しだけ寒いかな。スギ花粉は林内にはかえって少なく、作業の妨げになることも少なかったようです。それでも、若干名防御対策の為、ゴーグル、メガネ、マスクとフル装備で作業にあたっていただいていました。ありがとうございました。



楽農レディース数名で1時間ほど早く森の家にお越しいただき、じゃがいもうえつけを行っていただきました。
      

山での不思議。前回の作業の時、テブクロを山に忘れて行った藤さん。
なんと、こんな状態で発見されましたとさ^0^誰がやったんだろ?不思議だ〜


間伐2班に分かれて行いました。

      
一班では、午前中この木一本しか切れませんでした。手こずった。
二班さんはスムーズに作業進んでたみたい。
午後からは斜面を下りながら、枯れた木と竹を切って降りて行きました。

          
竹の枝がかなりの嵩に。                     丁度二時ごろ、雨が強く降り出したので、作業終了。お疲れ様
下の境のところでは、ふじづるが巻いていて、竹が
倒れません。しばらく、そのまま放置して、フジヅルが                          
枯れるまでおいて置かないといけないでしょうね。