鎮守の森を夢見る会

 活動日  2013年11月10日
 活動内容  干し柿作り
 参加者数  7名

今年は栗、甘柿、渋柿、ハチロウガキ、と、実の物が大量に採れました。生り年ですね。
ということで、せっかくの秋の実りを、ほっておくのも心苦しいのです。みんなで、幸せを頂きましょうと、干し柿作りをすることにしました。

こころノート:ちょっとだけ、こころノートですが、現代社会においては、幸いの代用として、沢山の、一見安価なものとかが氾濫しています。コンビニなんて、まさにその象徴ですね。簡単に腹ごなし出来るし、味がおいしいような錯覚をしている。さて、例えばの干し柿は???作るの面倒くさい、カビ、ハエ、気になる。汚い・・・ですか。そんな中では干し柿作りなんて、は???なんでそんなことする意味あんの???の世界ですよね。
だから、こういう時間をわざわざ作ります。手作りはいとおしいものですよ。ね。

これ、一本の柿の木から収穫した渋柿。自然さん、柿の木さんありがとうございました。
まだ木に100個くらいは残ってます。日曜が雨という事を聞いてたので、前日に収穫しました。こういうものは
1〜2日前から採って置いとくほうが、剥きやすいとのことを上のおばさんが教えてくれました。

土間のところで、せっせと皮むきに入ります。
ヘタをハサミで掃除して下さる方、上手に剥いてくださる方、竹串に刺す人、吊るす人、と自然に分担して、手際よく作業は進みます。こういう時間、何とも言えず、ほっこりします。
 10時から始めて、11時40分に一度中断。お昼は御杖のピザ屋さん、レノンに予約してあるので、そこに向かいました。ここは本格ピザを食べさせてくれます。美味しいでした。
 御杖の道の駅に寄り道して、買い物して^0^で、森の家に帰り、又、柿剥き!作業終了が3時ころだったかな。

こんなに沢山出来ました。
                         最後皆さんで、紅茶とコーヒーと差し入れのお菓子を囲炉裏端で頂き、楽しかったねぇ〜と、談話。

最後に出来た干し柿を紐で吊るせるようにして、はい、皆さんお持ち帰りでした。
                  

一人吊るし(7個付き)を3本と、串(7個付き)を4本。あとは枝付きのままのを数本ずつのお持ち帰りで、大変たくさん頂けました。
今回は人数が少なかったので、沢山たくさんお持ち帰り出来ましたよ。ラッキーデイでした。      1200円の参加費。
                                    今度、またいつか豊作の年に行いたいと思います。