鎮守の森を夢見る会

活動日 2009年7月5日(日)
活動内容 間伐続き・薪材降ろし
参加者数 12名

 今年の梅雨は夜に雨が降って、昼中は雲りや晴れ間ものぞく、そんな梅雨のようです。よって作業もしっかり出来、今日も汗しっかりかいていただきました。
      薪材も道路間際まで、
   やっと運び降ろすことが出来ました。結構沢山降ろせて満足。

道に近い所の間伐は大変気を使うとのこと。
なぜなら、切った木が道路へ滑り降りてしまう可能性が高いのです。技術と感を大変要します。

間伐は育ちの悪い木ですので、実は皮も剥きにくいのです。皮むきに大変苦労してもらっています。
 (ウリムキ)

ツルッと剥けない間伐材は、ウリムキという剥き方ででも仕方ないので、剥いておきます。
               
後ろに見えている、白い肌の木々。頑張って剥いてもらった、間伐材です。
お疲れ様。今日もしっかり、びっしり働きました。

森の家へ帰り、いつもの囲炉裏で沸かしたコーヒーと紅茶、そしてお菓子を頂きながら
今日の反省と、日ごろ疑問に思うことをおじさんたち?にお聞きするタイムとなり、皆さん
いろいろ質問を出していました。そしていろいろ納得^0^おじさんたち、サンキュー^0^

 Kさん、ごめん!顔切れてる〜〜〜〜
楽農レディース畑で出来た、むちゃくちゃチッチャイトウモロコシ。皆さんにもらってもらいました。その場で生で、いただきま〜した!ら、美味しかったんです、甘くって!!


次回は夢の森の草刈です〜。雨でもします〜。では!