鎮守の森を夢見る会

活動日 2008年8月24日「日曜日」
活動内容 川の生き物調査と間伐体験
参加者 25名 スタッフ18名 計43名

  今回は県の水産資源課のみえのうみさん(藤島氏・竹内氏)からのお声賭けにより、
 協働でのイベントを開催することになりました。
  雲出川の上流の生き物をみんなで調べ、川に親しむ。その川を育んでいる森の現状を見、
間伐の遅れを実感してもらい、間伐体験を実施する。というコンセプトです。




山・川での体験の様子

   
まずはじめに森の家にて県の藤島さんから
今回のイベントについての説明を受ける。
  
     真剣に話を聞く参加者!
川での様子

川の生き物を採取しているところ

捕まえた生き物が何者か??を教わる
山での様子

山の風景を説明した後、実際に山に入る。

間伐をお父さんと一緒にやってみる!
大変だと言うことがわかる!
皮むき体験
川の近くでも体験してみる。
結構楽しいと気付く。

こんな風に一日を体験しましたが、間伐は1時間ではなかなか充実したものにはなりません。
そういうご意見をいただきましたので、今後はもう少し時間をかけてやりたいと思います。
ちなみに川の生き物はかなり沢山の種類が居たようです。よかったよかった。

生き物リスト一例
    
ズナガ二ゴイ             シマドジョウ         カワヨシノボリ        スナヤツメ
  他
ナベブタムシ          ホンサナエ

みえのうみの皆さん、スタッフの皆さん。お世話様でした。ありがとうございました。