鎮守の森を夢見る会

 明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いしますね。
今年も初詣から始めましょう。ということで、1月6日日曜日、とても暖かな日差しの中での
初集まりとなりました。久しぶりの再会?!にみんななんだかとても嬉しそうでした。
やっぱりこの会の皆さんはいい人ばっかりですね!ありがたいですう。

活動日 2008年1月6日(日曜)
内容 初詣・味噌仕込み・竹炭用の竹準備・杭作りなど
参加者数 18名

まずは八幡の氏神さんに初詣

こういうことはちゃんとしたほうがいいと思うのは、年取ったせいかなあ?・・・いやいや、
日本人としての血がそうさせるんです!信心は大事ですよ。

 
    茅の和くぐりしてます。          今年も怪我無く、沢山の人が来てくれて、楽しく
                            有意義な時間が過ごせますように!

味噌仕込みについて ご注意。
 鎮守で作ります20キロの米麹味噌は、伝承文化の継承としての意味合いと、会の活動資金
捻出としての意味合いがありますので、その場でお持ち帰りということではありません。
 我が会のお隣さんが、峯田麹店といいまして、味噌屋さんです。この会で作る味噌の麹なども、
ここから調達しています。
      麹、大豆などのご用命はこちらへお問い合わせください。(059−274−0311 峯田麹店)

        
大豆は前日から水に        圧力鍋で大豆を柔らかく   臼でつぶし、麹菌、天塩を
浸しておきます。           なるまで煮ます。      同量まぜてかめに入れます。

       
全ての麹菌・天塩・大豆とをかめに   最後に蓋をして、森の家の冷暗所に保管。
入れたら木蓋をして石で重り4キロ   熟成まで10ヶ月ほど寝かせます。
をのせます。

竹炭焼き用の竹準備
         
     2月16日土曜日に行う予定の炭焼きのために1ヶ月前から
                    竹の乾燥のために切り出して準備しておきます。
                 45センチの長さで幅5〜8センチにそろえて節を落としておきます。

杭作りの様子
森林の風(NPO)からの要望で、植樹時に使用する杭100本を鎮守から購入してくれるので、
その杭を作っています。100本1万円で買ってくれるって。わーい!
                 
          間伐材の有効利用としてグッドです。ただ今回は材が乾燥しすぎてて
             皮をむくのが大変でした。結果、瓜剥き状態です。

その他あれこれ
Tさん、またもやスイスイっと囲炉裏で使う火箸を
竹で制作してくれました。なんともすばらしい出来!
ちなみに、Tさんは一番右。後の2人は持ってるだけ^0^
      
                                   畑になってる柚子、みんなで分けました。
                              誰かさんがゆずティのジャム作ってくれるそうな^0^
                          Kさんが大根の漬物くれました。Mさんは花柚子くれたよ。

   

 今年もこんな風にわいわい楽しく活動が始まりました。今年もよろしく!