鎮守の森を夢見る会

作業内容 竹炭焼き
日時  3月3日 AM7:00〜PM10:00
参加者数 10名

講師:宮田 敏雄先生
サブ講師:藤田 寛一先生
による2窯を使っての炭焼き体験。

  
一窯分の竹(55センチ) ドラム缶の窯に並べて
入れる
この間3時間ほど火をくべっぱなし
うちわで扇ぐ。
煙突の出口付近で85〜90度まで計れる温度
になったら火口を細めて、少ない酸素で時間を
かけて炭化させていく。
    この晩は満月に近く、その上曇り空のため、
満天に輝く美しい冬の星座を楽しむことが
出来なかった〜。残念。


あと、二つの窯のうち宮田先生のほうが、窯の
状態が悪いらしく、とうとう火口を開放したまま
明日まで放置するということになりました。
頂いた鹿肉を焼いて、闇鍋とおにぎりの夕飯。楽しい! 幸せそうな
0KADASAN
窯明けは3月18日の山の日に。
お楽しみお楽しみ!