鎮守の森を夢見る会

活動日 11月18日(日曜日)
作業内容 県民デー:巨樹めぐりイン美杉
参加者数 37名

    身近な自然と地域を体験する県民デー
                            『豊かな森林・川・海と地域を考える』環境県民デー
 ということで、今年もイベントを企画、実施しました。
  今回は、美杉に残る500年あるいは800年といわれる樹齢のケヤキや大杉を
 訪ねて回ることを思いつき、実施しました。名松線に乗ってお越しいただくという
 地域貢献もかねて、とても有意義な一日を参加者の方々は過ごされたことと思います。
 そのときの様子を紹介します。


        
名松線で10時28分到着今日一日どうぞよろしくお願いします
車7台に分乗して、まず向かったのが比津の東平寺そして伊勢地にぬけて太郎生まで・・・
の行程をご覧下さい。

比津・東平寺 
       (スダジイ樹叢を訪ねる)
お墓の敷地内にある木々なので、そっとお邪魔。
三多気・信福院
 樹齢500年以上の大ケヤキと大スギの前にて、少し気功)
信福院松本住職に寺の歴史、地域の歴史を伺う。
       
太郎生・国津神社
森下神主に神社の歴史、美杉の現状、ケヤキの話などを伺う)
   大ケヤキの前で記念写真 太郎生:日神不動院
オハツキイチョウの前で。
沢山のギンナンが落ちていました。
 今回訪ねた巨木は、みんな県の天然記念物に指定されている木々。
 500年800年と歴史を刻んでなお生きる巨木にただただ圧倒されます。
大きな木のそばにただ佇むだけで豊かな気持ち、敬謙な気持ちになる。それだけでいいと私は思います
そして、その次に、目覚めてくる何か・・・を大切にして生きて行ってもらいたい。それは人によって違うし、こうなりなさいと言うべきものでもありませんが、一つだけ言いたい。私たち人間が一番えらいんじゃなくって、全て命あるものはそれぞれに尊い。ということ。ましてや、こんなに長く生きていてくれる大先輩の命を前にして、いろんな事に小ざかしい自分を省みてほしい・・・と想うのです。フ。   

                           
3時14分の名松線松阪駅行きに乗車。ここで解散!お疲れ様〜
                   ご参加ありがとうございました。
最後は、今日の運転を勤めて下さいました、
名古屋からの参加者の方のスナップ。森の家の前の畑に育った大根。楽農レディース作の大根。
少し育ってました!嬉しい。ということで、間引きをかねてお持ち帰りいただきました。

インフォメーション:12月2日はしめ縄作りです!ぜひご参加ください!